はんこの美〜職人技魅せます〜

The Beauty of STAMP





日頃の行いが良かったのか、おかげさまで驚くほどの晴天に恵まれた1日目。
日頃の行いが良かったのか?おかげさまで驚くほどの雨天に恵まれた2日目。
ただし今回のイベントの最大の利点は、屋内だったこと。
ありがたいことに両日共に、外国の方を含む多くのお客様にご来場いただことができました。

その一部始終ですが、お伝えできればと思います。


イベント当日の様子




まずは会場入りすると、2画面巨大なモニターがお出迎え。
グラフィックデザイナーが作ったかのようなイメージVTRで、会場のボルテージを一気に上げます。


職人による実演




会場ど真ん中では「密刻」と呼ばれる非常に細かい印章彫刻の実演。
密刻は印章彫刻の中でも、特に神経すり減らす非常に緻密な作業。
それを一番人が集まる入り口ど真ん中に鎮座させるという、職人のハートの強さが試される冠ブース。 

日替わりで2人づつ、計4人の関東が誇る現役トッププレーヤーによる正確無比な技の奇跡の共演。
来場者の外国人の方々からも「WAO!」「great!」「fantastic!」等々の声。
その細い妙技に目を奪われるのは万国共通でした。


印章の歴史



【はんこってなに?】 はんこは自己を表示し、また自己の権利、義務、所有など意思を表示する一つの手段として発明されました。 はんこを用いることで、お高いの意思や責任を確かめ合うことができる、我々が日常生活をしていくために、欠くことのできない重要な必需品です。 日本では、法規により印章の使用を定めているので、個人や法人団体でも、契約などの重要な書面には、必ず印章が使用されております。 当日掲載パネル一部引用

他にも
  • 【どんな種類があるの?】
  • 【いつ頃からあるの?】
  • 【はんこの歴史】
近くに外国人の観光客が多い浅草という特性もあってか、英語併記のパネルで分かりやすく説明されていました。


印章工程〜職人の道具展示




来場者、特に外国の方々の一番人気はこの道具だったようです。
印章従事者以外ではほとんどお目にかかることのできない特殊な、しかも相当使い込まれた道具たちの素直なエイジングは、まさに日本の宝なのかもしれません。






奥に回ると3人による、字入れ→荒彫り→仕上げという、印章制作の三大工程の実演。
こちらも関東が誇る超凄腕の職人さんたちですから、来場者のみならず、多くの同業者が目を皿のようにして見ていたのが印象的でした。


印章彫刻競技会 上位作品の展示




全国の競技会の受賞作品が一同に介する展示ですから、一般来場者には多くの驚きを、同業者には多くの学びを提供してくれました。
形は言わずもがな、その抜群の切れ味が上位入賞には必須。
とにかく奥が深い世界です。


浮世絵スタンプラリー





各ブースごとに色が分かれているシヤチハタを、台紙に押していくことで浮世絵ができあがるというアイデア商品。



石印彫刻体験




こちらも外国の方々に大人気。
全ての席に日本人以外の方々が並ぶ景色は、なぜかとても感慨深いものがありました。
やはり本物の持つ力は万国共通です。

まとめ

以上、はんこの美の公式Facebookページにはまとめの動画掲載されています。
テキストよりも臨場感は伝わりやすいと思いますので、よろしればお立ち寄りください。
 「はんこの美Facebookページ」はこちらから


そしてメディアにも掲載していただくことができましたので、併せてご紹介しておきます。
東京新聞「はんこの歴史、文化学ぼう きょうまで浅草公会堂で『印章展』」はこちらから



最後に

ここに集った「はんこ」は、〇〇はんこではなく、正真正銘の本物の「はんこ」たちでした。
本物の放つパワーはそれを扱う日本人のみならず、世界中の人々の心を震わせる力を持つことが分かりました。
形になっている「はんこ」を見るだけでは伝わりにくい、途中や裏側をご覧いただき体験していただくことで、ちょっとだけでも興味を持っていただけましたら、開催者としての大きな喜びです。

改めまして、ご来場いただきました多くのみなさまにこの場をお借りして御礼申し上げます。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


スクリーンショット 2019-08-07 14.13.39
67782259_551779968692296_2020337115501428736_n

Our country, Japan, has world-class technology.
It extends to the field of Japanese original seals.
We have prepared a special surprise for the beauty of this time.
スクリーンショット 2019-09-14 11.46.46

It was allowed to publish the stamp of Mr. Mizumo Ogawa, who is the goal of all seals, on Instagram.
This is the culmination of one of Japan's most proud seal technologies to the world and for further understanding of the technology.

Please enjoy the beauty of Hanko from various angles.


密刻


By the way, tomorrow, craftsmen will carve this in front of you.


Real beauty can only be produced by real craftsmen.
And the power that the real thing emits will become even more powerful when you actually get it.

Look at the crystal of the technology that you rarely see, and feel it with your hands.
We look forward to your visit.



Date

September 15 and 16,2019
10:00〜17:00

free entrance


Location

Asakusa Public Hall
2-4 Kanda Jinbo-cho,Chiyoda-ward,Tokyo
Tel,03-3844-7491

near Sensoji Temple




Presented

Janan Seal Association

This corporation cooperates with smooth execution of seal registration office work in municipalities, such as information provision about seal, spread of seal with registration requirements, and aims at enlightenment about importance of seal for residents, and it is important in Japanese society The purpose is to contribute to the sound development of the seal registration system playing a role.

227964_301184469989289_1342739868_n





2019印章展〜はんこの美、明日開催


main
スクリーンショット 2019-09-14 12.51.30


私たちの国日本には、世界に誇る技術があります。
それは日本独自の印章という分野にも及びます。
私たちは今回のはんこの美のために、特別な驚きをご用意しました。
スクリーンショット 2019-09-14 11.46.46

印章人全ての目標でもある「小川瑞雲」先生の印譜を、インスタグラムに公開する事が許されました。
これは日本が誇る印章技術の1つの集大成を世界に、またさらなる技術の研鑽のためにご理解ご協力いただいたものです。

はんこの持つ美しさを、様々な角度からお楽しみください。
Instagramはこちらから



本物の美しさは、本物の職人にしか生み出せません。
そして本物が放つ力は、実際に手にした時、さらに迫力を増します。


密刻

ちなみに明日は、こちらを職人が目の前で彫りあげます。

滅多にお目にかかれない技術の結晶を、ぜひその目て見て、その手で感じてみてください。
あなた様のご来場を心よりお待ち申しております。

イベント詳細はこちらから

会期

2019年9月15日(日)〜16日(月)
10:00〜17:00

入場無料


会場

浅草公会堂
〒111-0032
東京都台東区浅草1-38-6
TEL:03-3844-7491

・銀座線(渋谷〜浅草)浅草駅1番・3番出口 徒歩5分
・都営浅草線(西馬込〜押上) 浅草駅A4出口 徒歩7分
・東武鉄道浅草駅 北口 徒歩5分
・つくばエクスプレス(秋葉原〜つくば)浅草駅 A1出口 徒歩3分
浅草公会堂の駐車場は、利用者専用様となっております。
一般の方の駐車スペースはございませんので、公共交通機関をご利用ください。




主催

公益社団法人 全日本印章業協会

この法人は、印鑑に関する情報提供、登録要件を備えた印章の普及など市町村に置ける印鑑登録事務の円滑な執行に協力するとともに、住民に対する印鑑の重要性についての啓発を図り、日本社会において重要な役割を果たしている印鑑登録制度の健全な発展に寄与することを目的とする。

227964_301184469989289_1342739868_n






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スクリーンショット 2019-08-07 14.13.39

67782259_551779968692296_2020337115501428736_n



Overview

スクリーンショット 2019-08-03 15.07.19

The beginning of the seal is said to have been ancient Mesopotamia over 6000 years ago.
Why is the seal still used in Japan?
Unravel the history of the Japanese seal and explain in an easy-to-understand manner the “hanko” rooted in the Japanese lifestyle.


hankoshokunin-700x499



In addition to the exhibition of tools used by modern rice craftsmen, we will demonstrate how to make a stamp in front of you.
Take a close look at the beautiful character lines by hand craftsmanship, the sculpting technique, and realize the beauty of the engraved seal.
At the same time, the high-ranking works of the seal sculpture competition, that is, the best works of the modern era, will be exhibited, and the real technology will be gathered together.


Holding a free workshop

スクリーンショット 2019-08-05 18.34.47


Hand-carving experience of a stone stamp (pocket mark _ rakkan).

Eight kinds of kanji were prepared specially for this event.
Please choose your favorite kanji from among them and actually carve it.
Even if you are the first person, the craftsman will teach you carefully, so it's safe even if you don't have confidence in the details.
Of course, you will be required to take home the sculpted articles.
Articles are used exclusively for letters, seals, etc. in various situations.
Please feel free to use Japanese writing while adding to the color of your writing while enjoying the Japanese culture.


The hand carving  30 to 40 minutes


We also look forward to various experiences using Hanko, such as the Ukiyoe Stamp Rally.


Date

September 15 and 16,2019
10:00〜17:00

free entrance


Location

Asakusa Public Hall
2-4 Kanda Jinbo-cho,Chiyoda-ward,Tokyo
Tel,03-3844-7491

near Sensoji Temple




Presented

Janan Seal Association

This corporation cooperates with smooth execution of seal registration office work in municipalities, such as information provision about seal, spread of seal with registration requirements, and aims at enlightenment about importance of seal for residents, and it is important in Japanese society The purpose is to contribute to the sound development of the seal registration system playing a role.

227964_301184469989289_1342739868_n





follow me!


The “Tokyo Hyakukei Stamp” produced at the Seal Festival in Tokyo in 1946 has been revived by Instagram.
download


original




Facebook_Logo
スクリーンショット 2019-08-05 13.09.35




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ